コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡貝 カガミガイ

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐がい〔‐がひ〕【鏡貝】

マルスダレガイ科の二枚貝浅海の砂泥底にすむ。貝殻円形で平たく、殻長7センチくらい。殻表は白色で、細かい成長脈がある。北海道南部から南に分布食用。餅貝。白貝(しらがい)。文珠貝(もんじゅがい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがみがい【鏡貝】

海産の二枚貝。貝殻は乳灰白色で同心円状の細かい襞ひだが多数あり、内面は白色。北海道南部以南の浅海の細砂底にすむ。食用。餅もち貝。白貝しらがい。文殊もんじゆ貝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鏡貝 (カガミガイ)

学名:Dosinorbis japonicus
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鏡貝の関連キーワードカガミガイ下山古墳海産

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android