コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡貝 カガミガイ

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐がい〔‐がひ〕【鏡貝】

マルスダレガイ科の二枚貝浅海の砂泥底にすむ。貝殻円形で平たく、殻長7センチくらい。殻表は白色で、細かい成長脈がある。北海道南部から南に分布食用。餅貝。白貝(しらがい)。文珠貝(もんじゅがい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かがみがい【鏡貝】

海産の二枚貝。貝殻は乳灰白色で同心円状の細かい襞ひだが多数あり、内面は白色。北海道南部以南の浅海の細砂底にすむ。食用。餅もち貝。白貝しらがい。文殊もんじゆ貝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鏡貝 (カガミガイ)

学名:Dosinorbis japonicus
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鏡貝の関連キーワードカガミガイ下山古墳海産

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android