長万部温泉(読み)おしゃまんべおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長万部温泉
おしゃまんべおんせん

北海道南西部,長万部町にある温泉。 1955年に天然ガスのボーリング中に発見された。泉質食塩泉泉温は 50℃。神経痛や胃腸病などに効能がある。 JR函館本線長万部駅のすぐそばに湧き,旅館も整備されていて,地元の湯治客や観光客が多く訪れる。近くにスキー場もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android