コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長作 ちょうさく

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさく【長作】

歌舞伎舞踊,富本節。本名題《道行念玉蔓(みちゆきおもいのたまかずら)》。1805年(文化2)江戸中村座で3世坂東三津五郎,5世岩井半四郎らにより初演。作詞初世桜田治助,作曲名見崎喜惣治(初世名見崎徳治),振付初世藤間勘十郎義太夫の《新薄雪物語》を増補改作した《練供養妹背縁日》の道行で,薗部左衛門を慕って死んだお美津の霊が村娘およしに乗り移って,左衛門と薄雪姫との道行をじゃまする。長作は,2人を捕らえようとする船頭の名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長作の関連キーワード山梨県北都留郡小菅村望月 朴清(3代目)白川 軍八郎(初代)四季詠寄三大字網膜静脈閉塞症核不拡散条約黒竜江(省)12月13日レツゴー三匹水無瀬三吟積恋雪関扉生玉心中三番叟物キニジン日長作用パロチン玉鉾百首藤本斗文浅間物ごんす

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android