コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田治助 サクラダジスケ

5件 の用語解説(桜田治助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくらだ‐じすけ〔‐ヂすけ〕【桜田治助】

[1734~1806]江戸中期の歌舞伎作者。初世。江戸の人。俳名、左交。上方狂言にも習熟し、警句・しゃれ・風刺に富んだ明るさの中にも翳(かげ)りのある作風が特徴。4世松本幸四郎らと提携し、江戸歌舞伎世話狂言を確立した。代表作「御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう)」「伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桜田治助【さくらだじすけ】

歌舞伎狂言作者。4世まで数えるが初世が最も有名。初世〔1734-1806〕は江戸の人。俳名左交。筆名初め田川治助,さらに津村治助。三宅(津村)清蔵門下。40余年間に100編以上を執筆。
→関連項目浅妻船鈴ヶ森鶴屋南北吉原雀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さくらだじすけ【桜田治助】

歌舞伎作者。4世まである。(1)初世(1734‐1806∥享保19‐文化3) 俳名左交。号柳井隣,花川戸。江戸生れ。幼名蒔田喜三郎,または治三郎,通称笠屋善兵衛,中村平吉ともいうが不詳。1757年(宝暦7)歌舞伎作者三宅清蔵(のち津村と改姓)の世話で江戸市村座の狂言作者となり田川治助を名のる。同年11月津村と改姓。壕越二三治(次)に随身し,一時堀越を名のったのち桜田治助となる。61年上京,上方狂言を修業して江戸に帰り,3世市川団蔵付の立作者として頭角をあらわす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらだじすけ【桜田治助】

歌舞伎脚本作者。
(初世)(1734~1806) 壕越ほりこし二三治の弟子。四世松本幸四郎と提携、江戸世話狂言を確立。代表作に「御摂勧進帳ごひいきかんじんちよう」「伊達競阿国戯場だてくらべおくにかぶき」があり、「戻駕もどりかご」など舞踊劇にもすぐれた。
(二世)(1768~1829) 初世の門人。舞踊劇にすぐれ、「玉兎」「汐汲」「浅妻舟」「鳥羽絵」などがある。
(三世)(1802~1877) 二世の門人。のちに狂言堂左交と称す。作「三世相錦繡文章にしきぶんしよう」「乗合船」「どんつく」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜田治助
さくらだじすけ

歌舞伎(かぶき)作者。4世まである。

初世

(1734―1806)江戸作者中興の祖と称され、金井三笑(さんしょう)とともに安永(あんえい)・天明(てんめい)期(1772~89)の作者を代表した。壕越二三次(ほりこしにそうじ)門下としてその作風を継承し、1769年(明和6)には4世市川団十郎を中心とする市川揃(ぞろ)えの大一座の立(たて)作者に抜擢(ばってき)され、以後『御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう)』など当り狂言を書き「江戸の花の桜田」と称された。いったん引退したのち隠居格として劇界に復帰、盟友4世松本幸四郎のために二番目の世話狂言と浄瑠璃(じょうるり)に得意の筆を振るい、その幸四郎の5回忌祥月命日(しょうつきめいにち)に死ぬ。初期の作には宝暦(ほうれき)期(1751~64)の余風としての寛闊(かんかつ)さがみられるが、最盛期には病的なほど極端な穿(うが)ちと明るさのなかにも翳(かげ)りのある作風となり、天明期(1781~89)の人々に圧倒的な共感をもって迎えられた。『国色和曽我(かいどういちやわらぎそが)』『傾城吾嬬鑑(けいせいあづまかがみ)』など現存台本30余種のほか、所作事(しょさごと)の名人として常磐津(ときわず)『戻駕(もどりかご)』、富本(とみもと)『道行瀬川(みちゆきせがわ)の仇浪(あだなみ)』『身替りお俊』、長唄(ながうた)『吉原雀(よしわらすずめ)』などを残す。門下に福森久助ら多くの立作者がいる。[古井戸秀夫]

2世

(1768―1829)初世の弟子。師の作風を継承し、化政(かせい)期(1804~30)の変化(へんげ)舞踊のパイオニアの一人として常磐津『源太(げんた)』、清元(きよもと)『傀儡師(かいらいし)』『鳥羽絵(とばえ)』、長唄『浅妻船』『舌出し三番』などを書いた。[古井戸秀夫]

3世

(1802―77)2世の弟子。中村、森田両座付きの立作者として幕末の劇界に君臨。常磐津の『三世相錦繍文章(さんぜそうにしきぶんしょう)』『神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのくせまり)』を書いた。4世は3世の弟子2世木村園治(生没年不詳)が継いだが、明治中ごろ不遇のまま没す。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜田治助の関連キーワード嵐三右衛門瀬川如皐伊藤柳枝瀬川如皐(4代)戸川不琳豊竹応律並木良輔作者年中行事中村重助中山文七

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone