コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長刀・薙刀・眉尖刀 なぎなた

大辞林 第三版の解説

なぎなた【長刀・薙刀・眉尖刀】

幅広で反りの強い刀身に、長い柄をつけた武器。平安時代から主に歩卒や僧兵が用い、南北朝時代以後は上級武士も使用したが、槍の発達で戦国時代以後は戦いの主要武器ではなくなった。江戸時代には女性も用いた。
「薙刀草履ぞうり」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長刀・薙刀・眉尖刀の関連キーワード歩卒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android