コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長利仲聴 おさり なかあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長利仲聴 おさり-なかあきら

1823-1903 幕末-明治時代の国学者,歌人。
文政6年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。藩主津軽順承(ゆきつぐ)の命により,歌学海野幸典(うんの-ゆきのり),千種有功(ちぐさ-ありこと)に,国学を平田銕胤(かねたね)にまなんだ。明治14年岩木山神社宮司となり33年辞職。明治36年4月21日死去。81歳。号は桜園。著作に「岩木山百首」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長利仲聴の関連キーワード下沢保躬国学者

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android