コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長利仲聴 おさり なかあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長利仲聴 おさり-なかあきら

1823-1903 幕末-明治時代の国学者,歌人。
文政6年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。藩主津軽順承(ゆきつぐ)の命により,歌学海野幸典(うんの-ゆきのり),千種有功(ちぐさ-ありこと)に,国学を平田銕胤(かねたね)にまなんだ。明治14年岩木山神社宮司となり33年辞職。明治36年4月21日死去。81歳。号は桜園。著作に「岩木山百首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長利仲聴の関連キーワード下沢保躬国学者

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android