コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎村茂右衛門 ながさきむら もえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎村茂右衛門 ながさきむら-もえもん

?-1860 幕末の一揆(いっき)指導者。
越中(富山県)礪波(となみ)郡長崎村の農民。安政5年長崎村など五箇山の農民130人余を指導,井波町の米屋,質屋などをうちこわした。万延元年10月18日磔(はりつけ)の刑となる。井波町の刑場跡に「安政義人」の碑がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎村茂右衛門

没年:万延1.10.18(1860.11.30)
生年:生年不詳
江戸後期の長崎村茂右衛門騒動の首謀者。越中国礪波郡長崎村(富山県礪波郡利賀村)の茂兵衛の子。安政5(1858)年7月25日に五箇山の十数カ村の農民が井波町米商など1000軒を打ちこわす。夜ごと閑乗山で集会を重ねて竹螺を吹き松明をたいて「いくぞ。いくぞ。」と大勢を扇動したかどで,井波町観音寺の高台で磔に処せられた。のち義民碑が建立された。

(吉武佳一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

長崎村茂右衛門の関連キーワード万延第二帝政ラトビア北京条約マイブリッジゲインズケスレルスペリードロッパーズバクストン