コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎高重 ながさき たかしげ

2件 の用語解説(長崎高重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎高重 ながさき-たかしげ

?-1333 鎌倉時代の武将。
長崎高資(たかすけ)(一説に長崎高貞)の子。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年新田義貞(よしさだ)が討幕軍をおこしたとき,武蔵(むさし)小手指(こてさし),分倍河原(ぶばいがわら)などで幕府軍を指揮して防戦にあたるが敗北。同年5月22日北条高時ら北条一門とともに鎌倉東勝寺で自害した。通称は次郎(二郎)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎高重

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉後期の得宗被官。二郎と称す。父は高貞。鎌倉幕府滅亡の折は,鎌倉防御のため桜田貞国を大将とする軍勢のもとに入間川方面に派遣されたのち,得宗北条高時に自害を進言し東勝寺で自害した。自害場所については,「系図纂要」関系図は東慶寺,正宗寺本北条系図には番場と異説を記す。「太平記」には,最後の出陣に当たり,崇寿寺の僧・南山士雲に「勇士の条件は何か」と聞き,士雲に「矢や剣が前からきても進んでいくのがそうだ」と答えられ納得して敵陣に向かった話が記されている。<参考文献>高梨みどり「得宗被官長崎氏の専権」(『歴史教育』83号)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎高重の関連キーワード西山慈寛得宗長崎高資得宗領安東蓮聖飯沼助宗諏訪真性曾我祐信長崎高綱長崎光綱

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone