コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎高資 ながさきたかすけ

7件 の用語解説(長崎高資の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎高資
ながさきたかすけ

[生]?
[没]元弘3=正慶2(1333)
鎌倉時代末期の武将。高綱の子。執権北条高時のもとで内管領として,幕府の実権を握ったが,新田義貞の鎌倉攻め (1333) で,高時とともに戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐たかすけ【長崎高資】

[?~1333]鎌倉後期の武将。執権北条氏の御内人。北条高時のとき内管領となり実権を握ったが、失政から政治混乱を起こした。新田義貞の鎌倉攻めに敗れて自殺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎高資 ながさき-たかすけ

?-1333 鎌倉時代の武将。
長崎高綱の子。執権北条高時の内管領(うちかんれい)となり幕政の実権をにぎるが,恣意的で無策な施政に批判や不満があつまった。新田義貞(よしさだ)の鎌倉攻めにあい,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日北条一門とともに自刃(じじん)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎高資

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉後期の得宗被官。父は高綱。新左衛門尉,四郎左衛門尉。高綱・安達時顕と共に鎌倉幕府運営の中枢にあった。文保1(1317)年,北条高時の家督継承により内管領についた。元亨4(1324)年の筑前国粥田荘の年貢運送船の過所(関所通行許可証)は高資が奉者で袖判は高時であろう。正中3(1326)年の高時の執権辞任では,その弟である泰家の執権就任阻止のため金沢貞顕,次いで赤橋守時を執権に就任させた。また,安東氏の訴訟で双方から賄賂をもらうなど専権がめだち高時から排除されようとした。正中の変では,逮捕した日野資朝・俊基の護送に当たり,元弘の変では再逮捕された俊基の殺害を進言している。鎌倉幕府滅亡に当たり自害した。<参考文献>立花みどり「長崎氏と二階堂道蘊」(『鑑賞日本古典文学』21号),細川重男「内管領長崎氏の基礎的研究」(『日本歴史』479号)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきたかすけ【長崎高資】

?‐1333(元弘3)
鎌倉末期の武士。高綱(法名円喜)の子。父の跡を継ぎ,得宗被官(とくそうひかん)(御内人(みうちびと))として内管領(うちかんれい)の地位を得,専横政治を展開した。1322年(元亨2)に陸奥安東氏の内紛が起こると,対立する両勢力から賄賂をとって乱を長引かせるなど,その政治姿勢は御家人の不信不満を増長させた。そのため公家側に討幕の機会を与える結果を招き,24年(正中1)には正中(しようちゆう)の変が起こっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながさきたかすけ【長崎高資】

?~1333) 鎌倉末期の武将。執権北条氏の内管領となって幕府政治の実権をにぎり専権をふるった。新田義貞の鎌倉攻めのとき自刃。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎高資
ながさきたかすけ
(?―1333)

鎌倉末期の得宗(とくそう)被官。長崎高綱(円喜)の子。通称新左衛門尉(しんざえもんのじょう)。第14代執権北条高時(ほうじょうたかとき)のとき父の後を継いで内管領(うちかんれい)の要職につき、のちには評定衆(ひょうじょうしゅう)の一員ともなって権勢を振るった。1326年(嘉暦1)高時が出家するとその後に金沢貞顕(かねさわさだあき)を推挙したが、高時の弟泰家(やすいえ)らの猛反対にあった。結局赤橋(あかはし)(北条)守時(もりとき)が執権に、大仏維貞(おさらぎこれさだ)が連署(れんしょ)に就任して事は収まったが、これも高資の人事といわれている。また正中(しょうちゅう)・元弘(げんこう)の変のときは後醍醐(ごだいご)天皇に対して強硬な処置を主張したため、高時による高資討伐が計画されたほどであった。1333年(元弘3・正慶2)新田義貞(にったよしさだ)の鎌倉攻めに敗れて自殺した。[黒田弘子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長崎高資の言及

【内管領】より

…ないかんれいともいう。鎌倉時代,執権を独占した北条氏の家督である得宗家の家人は御内人(みうちびと)とよばれたが,御内人の筆頭が内管領である。御内人は北条義時・泰時のころより育成され,やがて御家人の勢力をもしのぐようになった。内管領はこの御内人の勢力を背景に,経済的には広大な得宗領を基礎として勢威を振るった。はじめて内管領とよばれた平頼綱は,得宗貞時の乳母の夫として貞時を養育した関係もあって,大きな力を幕政に及ぼし,1285年(弘安8)には政敵の安達泰盛を倒して,10年にわたって幕府の実権を握った。…

【長崎氏】より

…鎌倉時代の北条氏嫡流(得宗)の有力被官家。桓武平氏。北条泰時の被官関実忠の弟平盛綱が長崎を称したのにはじまる。盛綱は1234年(文暦1)尾藤景綱のあとをうけて北条泰時の家令となり,経時・時頼にも仕えた。その子頼綱は続く時宗・貞時の家令としてその権勢を極め,85年(弘安8)には幕府御家人の最有力者安達泰盛を謀殺(弘安合戦)。しかしその専権は長くは続かず,93年(永仁1)貞時の攻撃をうけて一党は没落(平禅門の乱),かわって頼綱の弟(一説には甥)長崎光綱の子孫が台頭した。…

【北条高時】より

…同10月父の死により内管領長崎円喜と安達時顕に補佐され9歳で得宗の座につくが,頻々と執権が交代し政治不安は増大した。16年(正和5)14歳で執権となるが,実権は得宗の専制権力を背景とする内管領長崎高資(円喜の子)が掌握,失政が続いた。24年(正中1)幕府は後醍醐天皇の討幕計画を未然に抑えたが(正中の変),激化する海賊・悪党の跳梁,蝦夷の蜂起,さらに泥沼化する内紛は幕府を弱めた。…

※「長崎高資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長崎高資の関連キーワード御内人曽呂利新左衛門・曾呂利新左衛門秋保新左衛門飯沼助宗平盛時(3)長崎高重長崎高綱長崎光綱得宗被官長井新左衛門尉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone