コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長恵 ちょうえ

1件 の用語解説(長恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長恵 ちょうえ

?-826 平安時代前期の僧。
大同(だいどう)5年(810)大法師から律師となる。弘仁(こうにん)14年大僧都のとき淳和(じゅんな)天皇の命により,勤操(ごんぞう),空海らと清涼殿で大通方広経による加持祈祷(かじきとう)を終夜おこなった。これがわが国における仏名会(ぶつみょうえ)のはじめといわれる(一説には宝亀5年とも)。天長3年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長恵の関連キーワード額田今足北但大震災3月19日の空襲医王寺在原業平観心寺ユウロピウム律師令義解恒世親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長恵の関連情報