コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長曽禰虎徹 ナガソネコテツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長曽禰虎徹
ながそねこてつ
(?―1678)

江戸前期の刀工。近江(おうみ)国長曽禰村(滋賀県彦根市長曽根町)の出で、のちに越前(えちぜん)国(福井県)へ移住した者の一族。名は興里(おきさと)、入道して古鉄・虎徹・乕徹と称した。この派には、建築金具をはじめ、轡(くつわ)や甲冑(かっちゅう)などを手がけた者もいて、寛永(かんえい)(1624~44)ごろからの遺品がある。虎徹興里はもと越前の甲冑師といわれ、のち江戸に出て刀匠に転じ、名声を博した。作刀に「本国越前住人至半百住武之江戸尽鍛冶之工精尓」銘のものがあり、半百すなわち50歳に出府したとの解釈もあるが、1664、65年(寛文4、5)ごろ50歳ぐらいであったとの見方が妥当であろう。刀剣の師は明らかでないが、和泉守兼重(いずみのかみかねしげ)とするのが定説となっている。作品は明暦(めいれき)2年に始まり延宝(えんぽう)5年(1677)に終わっている。その作風は鋼の鍛錬に巧みで、さえた地鉄(じがね)のよさは他の追従を許さず、数珠刃(じゅずは)と称する沸(にえ)の厚くついた互(ぐ)の目に太い足の入った刃文に特色があり、この作風が以後多くの刀工に影響を与えた。没年は延宝6年6月24日という。新刀第一の名工の誉れが高い。弟子には2代目虎徹の興正(おきまさ)をはじめ、興直(おきなお)、興久(おきひさ)がいる。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長曽禰虎徹の関連キーワード虎徹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android