コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長曽禰虎徹 ナガソネコテツ

2件 の用語解説(長曽禰虎徹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながそね‐こてつ【長曽禰虎徹】

虎徹(こてつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長曽禰虎徹
ながそねこてつ
(?―1678)

江戸前期の刀工。近江(おうみ)国長曽禰村(滋賀県彦根市長曽根町)の出で、のちに越前(えちぜん)国(福井県)へ移住した者の一族。名は興里(おきさと)、入道して古鉄・虎徹・乕徹と称した。この派には、建築金具をはじめ、轡(くつわ)や甲冑(かっちゅう)などを手がけた者もいて、寛永(かんえい)(1624~44)ごろからの遺品がある。虎徹興里はもと越前の甲冑師といわれ、のち江戸に出て刀匠に転じ、名声を博した。作刀に「本国越前住人至半百住武之江戸尽鍛冶之工精尓」銘のものがあり、半百すなわち50歳に出府したとの解釈もあるが、1664、65年(寛文4、5)ごろ50歳ぐらいであったとの見方が妥当であろう。刀剣の師は明らかでないが、和泉守兼重(いずみのかみかねしげ)とするのが定説となっている。作品は明暦(めいれき)2年に始まり延宝(えんぽう)5年(1677)に終わっている。その作風は鋼の鍛錬に巧みで、さえた地鉄(じがね)のよさは他の追従を許さず、数珠刃(じゅずは)と称する沸(にえ)の厚くついた互(ぐ)の目に太い足の入った刃文に特色があり、この作風が以後多くの刀工に影響を与えた。没年は延宝6年6月24日という。新刀第一の名工の誉れが高い。弟子には2代目虎徹の興正(おきまさ)をはじめ、興直(おきなお)、興久(おきひさ)がいる。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長曽禰虎徹の関連キーワード虎徹長曾禰虎徹鏝板こてこて古哲故轍こてんこてんこてんぱん助広貞国(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone