長松篤棐(読み)ながまつ あつすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長松篤棐 ながまつ-あつすけ

1864-1941 明治-昭和時代前期の植物生理学者,経営者。
元治(げんじ)元年4月15日生まれ。明治17年東京大学を中退してドイツに留学。ビュルツブルク大で植物生理学をおさめ,葉緑体について研究。20年帰国し学習院教授。のち財界に転じ,26年東京火災保険に入社,昭和6年社長に就任した。貴族院議員。昭和16年4月16日死去。78歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android