コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沙窯 ちょうさよう

百科事典マイペディアの解説

長沙窯【ちょうさよう】

中国湖南省長沙市望城県銅官鎮にある窯。唐時代に開窯し,早くも9世紀ごろから,鉄や銅の呈色剤を用い,茶や緑色の簡略な釉下彩絵のある製品を多く焼造した。型抜きの貼り付け装飾のある作品も特徴的な作風の一つ。
→関連項目釉裏紅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさよう【長沙窯 Cháng shā yáo】

中国,湖南省長沙市銅官鎮にあった陶窯。現在唐から五代におよぶ19の窯址が確認されている。はじめ青釉,白釉,緑釉,褐釉などの単色釉陶を焼成していたが,中唐ころから青味をおびた黄色釉の釉下に酸化銅の緑や酸化鉄の褐色の顔料で花鳥文や人物,文字など絵付した釉下彩磁が始められた。器種には水注,壺,碗,盤,枕などがある。日本にも唐代の印花や貼花文に褐釉を掛けた水注などがもたらされている。【河原 正彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長沙窯の関連キーワード鴻臚館跡鴻臚館陶枕青磁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android