コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釉裏紅 ユウリコウ

4件 の用語解説(釉裏紅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうり‐こう〔イウリ‐〕【×釉裏紅】

陶磁器の装飾技法の一。また、その陶磁器。染め付けと同様の技法で、下絵付けに呉須(ごす)のかわりに銅系統の彩料を用いて紅色に発色させるもの。中国、元代に景徳鎮窯(けいとくちんよう)で始まった。日本では俗に辰砂(しんしゃ)ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釉裏紅【ゆうりこう】

釉下彩技法で,銅を呈色剤に用い,還元炎焼成で赤(紅)く発色させる技法,またはその作品。一般的に絵筆で文様が描かれているものをいい,器物に色釉として使われている場合〈紅釉〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ゆうりこう【釉裏紅】

磁器の一。釉下の銅が還元焼成によって紅色に発色したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釉裏紅
ゆうりこう

陶磁器の加飾技法の一つで、日本では辰砂(しんしゃ)ともいう。透明釉の釉裏、すなわち素地(きじ)面と釉(うわぐすり)との間に描かれた銅の顔料による下絵が、還元炎で紅色に呈色することから、中国で釉裏紅とよぶ。この加飾法は中国湖南省の長沙(ちょうさ)窯において晩唐9世紀に開発されたが、一時とだえ、元代の14世紀になって江南の景徳鎮(けいとくちん)窯が白磁胎釉裏紅技法をくふうして定着した。その初期の資料として、至治3年(1323)銘の木簡を伴う釉裏紅磁が、韓国新安沖に沈む元船から引き上げられている。景徳鎮窯は以後、釉裏紅を重要な技法の一つに加えて今日に至っている。朝鮮半島では高麗(こうらい)時代に青磁に併用され、李朝(りちょう)の18世紀にも盛行した。日本では江戸時代の17世紀に伊万里(いまり)焼がわずかながら試みているが、焼造量は少なく、遺品も希少である。[矢部良明]
『『世界陶磁全集13 遼・金・元』(1981・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釉裏紅の言及

【陶磁器】より

…しかし14世紀のごく早い時期に,染付がつくられていたことは明らかである。コバルトを呈色材とした染付とともに,元代には銅を呈色材とした釉裏紅もつくり出され,あずき色の紅釉で絵付を行った磁器は独特のやきものである。中国国内ではこうした染付,釉裏紅は,日常の器皿とともに道教寺院の祭具としても用いられたが,インド,イラン,トルコなどのイスラム世界に貿易陶磁として大量に輸出され,イランのサファビー朝の故地であるアルダビールやオスマン・トルコのトプカプ宮殿に元染付の優品が多く将来され伝世している。…

※「釉裏紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釉裏紅の関連キーワード繍花陶磁器窯元黒花作陶暗花掻き落し貫乳染付け罅焼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釉裏紅の関連情報