コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沢伴雄 ながさわ ともお

3件 の用語解説(長沢伴雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長沢伴雄

国学者・勤王家。幼名十蔵のち隼人・貫一郎、通称衛門、号は柿園・絡石舎、白木翁等。和歌山藩士吉岡利右衛門の次男、長沢六郎の養子。本居春庭・同大平の門人で歌道・国学を学ぶ。文章・経済の才に長けた。藩内の機密に関わり幽閉される。勤王の志厚く『挫夷本論』を著し、独自の国体論を展開した。蔵書が多く、著書に『詠史歌集』『類題和歌作例集』等がある。安政6年(1859)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沢伴雄 ながさわ-ともお

1808-1859 江戸時代後期の武士,歌人。
文化5年11月生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。本居春庭(もとおり-はるにわ),本居大平(おおひら)にまなぶ。藩主徳川治宝(はるとみ)に重用されたが,嘉永(かえい)6年藩内の争いから役を解かれ,安政6年11月27日獄中で自刃(じじん)。52歳。本姓は吉岡。通称は隼人,衛門。号は柿園,絡石舎(つたのや)。編著に「類題和歌鴨川集」「詠史歌集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長沢伴雄

没年:安政6.11.27(1859.12.20)
生年:文化5(1808)
江戸後期の国学者,歌人。本姓吉岡。通称十蔵,衛門。絡石舎と号す。紀州(和歌山)藩士吉岡家に生まれ,長沢家の養子となる。10代藩主徳川治宝が文事を好んだため知遇を得,さらに政治的な密命を帯びて暗躍することもあった。友人加納諸平に毒を盛ったのも一連の藩政内紛に関連するという。治宝の死後,一派とみなされて罪を問われ,獄死。軽薄な人柄を非難する声も聞かれ,芳しくない評価のある一方,諸平に対抗して出した『類題和歌鴨川集』が近世後期歌壇を大いに活気づけたことで知られるような才能の持ち主でもあった。<参考文献>山本嘉将『加納諸平の研究』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長沢伴雄の言及

【蔵書印】より

…蔵書印はだいたい蔵書家の姓か,雅号か姓名または文庫名を入れたものが多いが,ときには書物に対する希望や警句などを入れたものもある。紀州藩士長沢伴雄の〈我死ナハウリテ黄金ニカヘナヽム,オヤノ物トテ虫ニハマスナ。長沢伴雄蔵書記〉,伴信友の〈コノフミヲカリテミムヒトアラムニハ,ヨミハテヽトクカヘシタマヘヤ。…

※「長沢伴雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長沢伴雄の関連キーワード江沢講修大垣久雄長治祐義吉岡素樵佐倉真邦桜井信景鶴峰戊申加茂季鷹加藤千年吉岡信之

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone