コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沼訴訟 ナガヌマソショウ

1件 の用語解説(長沼訴訟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながぬま‐そしょう【長沼訴訟】

航空自衛隊ミサイル基地建設をめぐる行政訴訟自衛隊違憲性が問われた裁判。昭和44年(1969)、北海道夕張郡長沼町ナイキJ地対空ミサイルの発射基地を設置するため、農林大臣が建設予定地の保安林指定を解除。地元住民が国を相手取り、指定解除処分の停止・取り消しを求める訴訟を起こした。住民側は、自衛隊は違憲であり、基地建設は公益上の理由に該当せず、保安林の指定解除処分は違法と主張。第一審判決は原告の訴えを認め、自衛隊は違憲との判断を示し、注目された。しかし、第二審では自衛隊問題を統治行為として司法判断を避け、原告の請求を棄却最高裁違憲審査権の行使を控え、原告の上告を棄却した。長沼ナイキ事件長沼ナイキ基地訴訟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長沼訴訟の関連キーワード航空自衛隊航空総隊PAC3空自航空方面隊航空自衛隊車力分屯基地航空自衛隊築城基地百里基地航空自衛隊百里基地山西きよ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長沼訴訟の関連情報