コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長浜村民五郎 ながはまむら たみごろう

2件 の用語解説(長浜村民五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長浜村民五郎 ながはまむら-たみごろう

?-1838 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
甲斐(かい)(山梨県)国中(くになか)(甲府盆地)の博徒(ばくと)。天保(てんぽう)7年の甲州一揆のとき,途中から一揆の頭取となる。甲府勤番士,甲府代官所役人らと交戦し,国中一帯の米穀商,質屋などの打ちこわしを指導した。捕らえられて江戸におくられ,天保9年磔(はりつけ)がきまったが,その前に牢死。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長浜村民五郎
ながはまむらたみごろう
(?―1838?)

江戸後期の義民。甲斐(かい)国郡内(ぐんない)領長浜村(山梨県南都留(みなみつる)郡富士河口湖町)生まれの「無宿」。若いころから国中(くになか)(甲府盆地)付近で「渡世人」暮らしをしていたが、1836年(天保7)8月、甲州一揆(いっき)のとき、中途で郡内衆が引き上げてから一揆の頭取となる。甲府勤番支配ならびに甲府代官所役人勢に攻撃をかけ押し破り、甲府町方をはじめ国中一円打毀(うちこわし)の先頭にたつ。このため捕らえられ、36年12月4日「一番籠(かご)」で江戸送りとなり、38年5月、最重刑の磔(はりつけ)の判決が決まったが、その前に牢死(ろうし)。甲州一揆では、年齢および経歴不詳の無宿の参加が多かったが、その代表的な者とされる。[小林利久]
『『大月市史 通史篇(郡内騒動)』(1953・大月市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長浜村民五郎の関連キーワード加賀の一向一揆安西一奇小本村斎太黄瀬平治島一泉下河内村辰蔵万松斎一曲(初代)万松斎一曲(2代)万松斎一曲(3代)山田源次郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone