コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長螺 ナガニシ

デジタル大辞泉の解説

なが‐にし【長×螺】

イトマキボラ科の巻き貝。浅海の砂底にすむ。貝殻は細長い紡錘形で、殻高14センチくらい。殻表に黄白色の殻皮をかぶり、動物体は赤い。卵嚢(らんのう)は逆さほおずき・軍配ほおずきとよばれる。北海道南部から南に分布。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながにし【長螺】

海産の巻貝。殻は細長い紡錘形で殻高約14センチメートル。殻表は白く、ビロード状の殻皮でおおわれる。卵を包む卵囊はウミホオズキとして親しまれる。北海道南部から九州にかけての沿岸に分布。香螺こうら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

長螺 (ナガニシ)

学名:Fusinus perplexus
動物。イトマキボラ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

長螺の関連キーワードウミホオズキ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android