コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川宗仁 はせがわ そうにん

2件 の用語解説(長谷川宗仁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川宗仁 はせがわ-そうにん

1539-1606 織豊時代の武将,茶人。
天文(てんぶん)8年生まれ。もと堺の商人とも京都の町衆ともいう。織田信長の奉行衆をつとめる。信長没後は豊臣秀吉,徳川家康につかえた。茶は武野紹鴎(たけの-じょうおう)の門下で,絵師としても知られ法眼(ほうげん)をゆるされた。慶長11年2月9日死去。68歳。通称は源三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川宗仁

没年:慶長11.2.9(1606.3.17)
生年:天文8(1539)
桃山時代の茶人,武将。通称源三郎。従五位下刑部卿,法眼に叙せられた。京都町衆長谷川家の一族の出身と推定されるが,今井宗久と共に織田信長のもとで但馬経略にかかわり武士化した。信長没後は豊臣秀吉,徳川家康に仕え,その子守知の代には1万石余を領する大名となった。宗仁は秀吉のマニラ征服計画のなかではその担当者となっている。また画業にすぐれ,法眼の位が許された。信長,秀吉のもとでは茶人として活躍し,大名物長谷川肩衝(古瀬戸茶入)の所持者としても知られる。<参考文献>熊倉功夫『茶の湯の歴史―千利休まで―』

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川宗仁の関連キーワード船越永景細川玄旨山岡如軒祐長宗弥(味)安土桃山時代桃山時代従五位源三郎(2)藤井源三郎松屋久政

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone