コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川幸延 はせがわ こうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川幸延 はせがわ-こうえん

1904-1977 昭和時代の小説家,劇作家。
明治37年2月11日生まれ。大正12年「路(みち)は遥(はる)けし」が大阪中座で新派によって上演され,演劇界にはいる。昭和14年上京し,長谷川伸師事。17年小説「冠婚葬祭」で新潮社文芸賞。昭和52年6月27日死去。73歳。大阪出身。代表作に小説「寄席行灯(よせあんどん)」「桂春団治」,脚本「殺陣師段平(たてしだんぺい)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川幸延の関連キーワード人生とんぼ返り昭和時代小説家劇作家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android