コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川昭道 はせがわ あきみち

2件 の用語解説(長谷川昭道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川昭道 はせがわ-あきみち

1816*-1897 江戸時代後期の武士。
文化12年12月29日生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。江戸で佐藤一斎にまなぶ。郡奉行兼勝手元締役,側役などをつとめ,藩校文武学校創設にもつくす。尊王攘夷(じょうい)の立場から佐久間象山と対立。のち京都留守居役となる。明治30年1月30日死去。83歳。通称は深美(しんび)。号は戸隠舎,一峰など。著作に「皇道述義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわあきみち【長谷川昭道】

1815‐97(文化12‐明治30)
幕末の信濃松代藩士。通称深美。戸隠舎,一峯と号する。佐藤一斎に学び,佐久間象山のライバルとなる。勝手元締役として財政面に活躍,藩校創設にも尽力したが1853年(嘉永6)蟄居(ちつきよ)を命ぜられる。11年後許されて京都留守居役となり,尊王派の立場で国事に奔走した。69年(明治2)太政官権大史となったが翌年官を辞して帰郷し,著述に従った。《長谷川昭道全集》がある。【山口 宗之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長谷川昭道の関連キーワード山道高彦浅野五兵衛岡田子明片山辰世鈴木春波鈴木宗休高田亘矢野毅卿柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone