コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川次郎兵衛(3代) はせがわ じろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川次郎兵衛(3代) はせがわ-じろべえ

1645-1740 江戸時代前期-中期の商人。
正保(しょうほ)2年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)松坂でそだつ。母方の長谷川市左衛門家の江戸支店につとめ,支配人格となる。延宝3年(1675)独立し,木綿問屋をひらいた。江戸で活躍した伊勢商人のひとり。元文5年死去。96歳。屋号丹波屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川次郎兵衛(3代)

没年:元文5(1740)
生年:正保2(1645)
江戸中期の木綿問屋。法名は宗印居士。江戸店持伊勢商人のひとり。屋号は丹波屋。松坂(三重県松阪市)に育つが幼くして父を失い,母方の実家長谷川市左衛門家(松坂商人)の江戸店に勤め支配人格となる。延宝3(1675)年に独立し,自分名義の木綿仲買店を始めた。貞享年間(1684~88)に江戸店は木綿問屋の地位を得ているが,宗印自身はこのころ松坂の本家に戻り,以後,本家から江戸店の統括を行うようになった。宗印在世中,分店,分家店が出店され,また中心の次郎兵衛店でも店元金が増大し,経営の拡大がうかがわれる。江戸の代表的な木綿問屋として発展する長谷川家の地歩は,すでにこの時期に確立したといえよう。<参考文献>北島正元『江戸商業と伊勢店』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長谷川次郎兵衛(3代)の関連キーワード北島正元

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android