コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川菅緒 はせがわ すがお

美術人名辞典の解説

長谷川菅緒

歌人。和泉生。三折・奴弖能舎と称する。書・古学も能くし、『奴弖能舎長歌集』二巻がある。嘉永元年(1848)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川菅緒 はせがわ-すがお

?-1848 江戸時代後期の国学者。
本居宣長(もとおり-のりなが)の門にまなぶ。京都にすみ,家の号を奴弖能舎(ぬでのや)と称して毎月15日に本居大平(おおひら),城戸千楯(ちたて)らと長歌の会をひらく。文化14年(1817)同人の吟詠をあつめて「奴弖能舎長歌集」を刊行した。嘉永(かえい)元年9月5日死去。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は別に菅麻呂。通称は三折など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川菅緒の関連キーワード本居宣長国学者歌人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android