長谷部桃妖(読み)はせべ とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「長谷部桃妖」の解説

長谷部桃妖 はせべ-とうよう

1676-1752* 江戸時代前期-中期俳人
延宝4年生まれ。加賀(石川県)山中温泉の旅宿「泉屋」の主人元禄(げんろく)2年宿泊した松尾芭蕉(ばしょう)から桃妖の号をおくられた。門人勝見二柳(じりゅう)。宝暦元年12月29日死去。76歳。通称は甚左衛門。別号に桃葉。著作に「首尾吟」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android