コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野りん ながの りん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野りん ながの-りん

1674-1757 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝2年生まれ。長野野紅(やこう)の後妻で,夫とともに志太野坡(やば)にまなぶ。享保(きょうほう)元年夫と「歌仙貝発句(かせんかいほっく)」を編む。宝暦7年3月21日死去。84歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。通称はりん女,林女,倫女,倫婦。号は藤の井,双白堂。編著に「紫藤の井発句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長野りん

没年:宝暦7.3.21(1757.5.8)
生年:延宝2(1674)
江戸中期の俳人。倫女,倫婦とも書く。号藤の井。筑前国(福岡県)秋月の医師遠坂柳仙の娘。豊後国(大分県)日田の庄屋長野野紅の後妻。夫妻ともに蕉門の志太野坡の門人となる。その亭には各務支考ら多くの俳人が訪れた。その句は安井小洒編『蕉門名家句集』下巻に500句余収められている。

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長野りんの関連キーワード没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android