コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門葉記 もんようき

世界大百科事典 第2版の解説

もんようき【門葉記】

12世紀前半から15世紀前半に至る約300年間の延暦寺青蓮院(しようれんいん)の記録を集大成したもの。原型となるものは南北朝期,尊円法親王の編か。はじめ130巻。のち江戸時代に2度加筆増補される。熾盛光法,五壇法,勤行,法会,灌頂,門主行状,寺院,雑決,山務等20種の項目に分類されている。史料が乏しい中世の延暦寺を知る上で《華頂要略》と並ぶ重要史料。《大正新修大蔵経》図像第11,12巻に収録。【稲葉 伸道】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

門葉記の関連キーワード尊円入道親王尊円親王慈厳

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android