コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉塞性分娩 ヘイソクセイブンベン

デジタル大辞泉の解説

へいそくせい‐ぶんべん【閉塞性分×娩】

児頭骨盤不適合胎位異常微弱陣痛などにより経(けいちつ)分娩が困難な状態。開発途上国などで、低年齢や栄養不良などにより、骨盤が十分に発達していない状態で妊娠した場合などに起こる。帝王切開など適切な処置が受けられない場合、分娩が24時間から1週間以上続き、その間、胎児頭部母体の骨盤を圧迫し、膀胱(ぼうこう)直腸などへの血流が遮断されるため、母体に瘻孔(ろうこう)が形成され、障害が残ることが多い。胎児は死産となる。また、妊産婦の死亡の原因ともなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

閉塞性分娩の関連キーワード産科瘻孔膀胱ろう瘻孔胎位

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android