コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉塞性分娩 ヘイソクセイブンベン

1件 の用語解説(閉塞性分娩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいそくせい‐ぶんべん【閉塞性分×娩】

児頭骨盤不適合胎位異常微弱陣痛などにより経膣(けいちつ)分娩が困難な状態。開発途上国などで、低年齢や栄養不良などにより、骨盤が十分に発達していない状態で妊娠した場合などに起こる。帝王切開など適切な処置が受けられない場合、分娩が24時間から1週間以上続き、その間、胎児の頭部が母体の骨盤を圧迫し、膀胱(ぼうこう)直腸などへの血流が遮断されるため、母体に瘻孔(ろうこう)が形成され、障害が残ることが多い。胎児は死産となる。また、妊産婦の死亡の原因ともなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閉塞性分娩の関連キーワード産道児頭骨盤不均衡微弱陣痛早期破水胎位児頭骨盤不適合陣痛誘発剤胎位異常分娩停止異常胎位

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone