開放耕地制(読み)かいほうこうちせい(英語表記)Open-field system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放耕地制
かいほうこうちせい
Open-field system

ヨーロッパの中世から近代初期にかけてみられた農地制度。封建社会で,一部の山岳地帯などを除き,一般に発達した集村形態の村落共同体と結びついている。村の耕地を2つまたは3つの耕圃に分ち,各耕圃をさらにいくつかの耕区に分けたうえで,それぞれの耕区に農民は細長い長方形の地条を1つずつ保有するが,これらの地条に対する農民の利用権は完全なものではなく,耕圃を単位として村全体が共同で農耕を行うのが特徴である。作付け収穫も同じときになされ,収穫後は村民の家畜が共同で放牧された。領主が牧羊や農業経営合理化のために,この制度をこわし,垣根や柵で耕地を囲い込むことをエンクロージャーという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android