コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開発教育 かいはつきょういくdevelopment education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開発教育
かいはつきょういく
development education

自国さらには世界全体の開発に参加できるようにする教育。自国国際社会についての経済,政治,社会の実情,特に途上国実態,課題,その背景,開発の意義人権や社会的公正との関係についての理解を深めるような教育をいう。経済協力に対する国民の理解と参加を得る上でも基盤となる。開発教育に当たっては,高等教育における専門的能力を持った人材の育成も重要であるが,併せて初・中等教育や一般の人々に向けての情報提供により,開発について幅広い理解が得られるようにしていくことも重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいはつきょういく【開発教育】

南北問題の理解と解決を目的に、先進国と途上国の双方で生活の改善や人々の自立を進めていくための啓発活動。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開発教育の関連キーワードニーラカンタ ラダクリシュナンヨーロッパ自由貿易連合サント・トマス大学オスウィーゴ運動政府開発援助大綱国際オクスファム斎藤 進六熊本バンドODA大綱原子力産業ジェーンズ南北問題高嶺秀夫先進国折り紙双方自立改善解決

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開発教育の関連情報