コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開花病 かいかびょう

世界大百科事典 第2版の解説

かいかびょう【開花病】

タケは普通花が咲かずに少しずつ枯死更新していくが,数十年経ったタケが急に開花することがある。そうするとそこのタケはすっかり枯れてしまう。同じ地下茎をもつタケは一度に開花枯死するのが普通である。これを開花病と称する。病気というのは一般には寄生菌がついたり,不都合な外因によって,植物が本来有する生理活性を発揮できない状態をいうが,この意味からすれば,植物の自然の現象であるタケの開花は病気とはいえない。しかしタケを利用する人間にとっては,開花によるタケの一斉の枯死は栽培の目的に反することである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android