コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開花病 かいかびょう

1件 の用語解説(開花病の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいかびょう【開花病】

タケは普通花が咲かずに少しずつ枯死更新していくが,数十年経ったタケが急に開花することがある。そうするとそこのタケはすっかり枯れてしまう。同じ地下茎をもつタケは一度に開花枯死するのが普通である。これを開花病と称する。病気というのは一般には寄生菌がついたり,不都合な外因によって,植物が本来有する生理活性を発揮できない状態をいうが,この意味からすれば,植物の自然の現象であるタケの開花は病気とはいえない。しかしタケを利用する人間にとっては,開花によるタケの一斉の枯死は栽培の目的に反することである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

開花病の関連キーワード咲くちょびちょび花が咲く食散らす咲残る筍生活たけはら

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone