コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間擦疹 カンサツシン

3件 の用語解説(間擦疹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんさつ‐しん【間擦×疹】

発汗と摩擦によって生じる湿疹。夏季に乳児や肥満者の頸部・股間などにみられる。間擦性湿疹。湿爛(しつらん)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間擦疹
かんさつしん

間擦性湿疹ともいい、おもに乳幼児や肥満者にみられ、糖尿病患者にも生ずる。乳幼児では頸部(けいぶ)をはじめ、肘(ひじ)のくぼみ(肘窩(ちゅうか)部)や膝(ひざ)のくぼみ(膝窩(しっか)部)あるいは陰股(いんこ)部に好発し、肥満者とくに女性ではこれらのほかに垂れ下がった乳房の下面、糖尿病者ではとくに陰股部の皮膚が擦れ合う部分に発汗、摩擦が加わって生じやすくなる。最初に紅斑(こうはん)や丘疹(きゅうしん)がみられ、のちにこれらが融合して一面が赤くなり、表面が軽度に湿潤する。俗にいう「股(また)ずれ」も股にできた間擦性湿疹のことである。皮膚の擦れ合うところでは、汗そのものによる刺激や、汗による皮膚のバリアー機能の低下が生じる。さらに汗が分解して皮膚表面の酸性外套膜(がいとうまく)が中和され、細菌が二次的に増殖して、その菌体または産生物が刺激的に作用し、湿疹が生ずると考えられている。抗生剤含有ステロイド軟膏(なんこう)を塗布する。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone