間木(読み)まぎ

精選版 日本国語大辞典「間木」の解説

ま‐ぎ【間木】

〘名〙
① (「まき」とも) 寝殿造りで、妻戸上の長押(なげし)の上などに設けた棚のようなもの。元旦の戴餠、歯固めの鏡餠などを飾る。
※蜻蛉(974頃)中「数珠(ずず)も、まきにうちあげなど、乱(らう)がはしきに」
馬小屋などの屋根裏につくった小部屋。
※嘘(1946)〈太宰治〉「馬小屋の屋根裏の、この辺ではマギと言ってゐますが、〈〉そこへ隠れてゐたのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間木」の解説

ま‐ぎ【間木】

《「まき」とも》長押なげしの上などに設けた棚のようなもの。
数珠ずずも―に打ち上げなど、らうがはしきに」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android