コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間瀬久太夫 まぜ きゅうだゆう

1件 の用語解説(間瀬久太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間瀬久太夫 まぜ-きゅうだゆう

1641-1703 江戸時代前期の武士。
寛永18年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士ひとり小野寺十内秀和の従兄(いとこ)。大目付をつとめ禄高(ろくだか)200石。江戸にでて医師三橋浄貞を名のり,子の孫九郎とともに吉良邸討ち入りにくわわった。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。63歳。名は正明。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

間瀬久太夫の関連キーワードコリャード照山修理吉良義央小野寺十内竹本座平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁泉岳寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone