コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間瀬久太夫 まぜ きゅうだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間瀬久太夫 まぜ-きゅうだゆう

1641-1703 江戸時代前期の武士。
寛永18年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士四十七士のひとり。小野寺十内秀和の従兄(いとこ)。大目付をつとめ禄高(ろくだか)200石。江戸にでて医師三橋浄貞を名のり,子の孫九郎とともに吉良邸討ち入りにくわわった。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。63歳。名は正明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

間瀬久太夫の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧間瀬孫九郎赤穂義士間瀬正明

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android