コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関一安 せき かずやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関一安 せき-かずやす

1571-1653 江戸時代前期の弓術家。
元亀(げんき)2年生まれ。吉田流道雪派。山城(京都府)山科の人。弓術を伴道雪にまなび,その養子となり正次と改名した。強弓をひくことで知られた。承応(じょうおう)2年5月20日死去。83歳。通称は六蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関一安の関連キーワード安土桃山時代(年表)サンアグスチン教会ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政バル松永貞徳松永貞徳松永貞徳

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone