コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関仙籟 せき せんらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関仙籟 せき-せんらい

1834*-1867 幕末の儒者。
天保(てんぽう)4年12月16日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩儒。江戸にでて野田笛浦(てきほ),古賀茶渓に,伊勢(いせ)で斎藤拙堂,土井聱牙(ごうが)にまなぶ。文久3年(1863)帰藩,藩主脇坂安宅(やすおり)に重用された。慶応3年3月13日死去。35歳。名は一味。字(あざな)は士充。別号に嘯洞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関仙籟の関連キーワードアメリカ美術近・現代アフリカ史(年表)イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵イーストレーキカックランキダーコープランドレースラー葛飾北斎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android