コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関仙籟 せき せんらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関仙籟 せき-せんらい

1834*-1867 幕末の儒者。
天保(てんぽう)4年12月16日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩儒。江戸にでて野田笛浦(てきほ),古賀茶渓に,伊勢(いせ)で斎藤拙堂,土井聱牙(ごうが)にまなぶ。文久3年(1863)帰藩,藩主脇坂安宅(やすおり)に重用された。慶応3年3月13日死去。35歳。名は一味。字(あざな)は士充。別号に嘯洞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関仙籟の関連キーワードアメリカ美術葛飾北斎野村軍記服飾雑誌画論アヘン戦争図鑑大国隆正北風正造コープランド

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone