コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関係モデル かんけいもでる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

関係モデル

データモデルのひとつ。データの従属関係度外視して、表形式で表す。選択、射影、結合などの機能を持つ。リレーショナルデータベースに利用される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

関係モデル

1970年にIBM社コッド(Edgar F. Codd 1923-2003)が提唱した,データを関係と呼ばれる二次元の表形式で表現するデータモデル.表の列(フィールド)を属性(アトリビュート),行(レコード)を組(タプル)という.関係モデルに基づくデータベースは関係データベース(またはリレーショナルデータベース)と呼ばれ,広く普及している.関係モデルは理論的には数学の集合論を基盤としており,n個の属性からなる関係表は,数学的なn項関係の実現値として捉えることができる.表を扱う関係代数として,和,積,差などの集合演算,結合,射影,選択などの関係演算が定義されている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の関係モデルの言及

【データベース】より

… 実世界の情報を整理するモデルをデータモデルという。1970年にE.F.コッドによって提案されたデータの関係モデル(リレーショナルモデル)が現在もなおデータモデルの基本である。このモデルは,あらゆる情報は数学でいう関係で把握でき,わかりやすく数枚の表に整理できると主張し,データベースから必要な情報を取り出すための演算も定義した。…

※「関係モデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関係モデルの関連情報