コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関克明 せき こくめい

1件 の用語解説(関克明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関克明 せき-こくめい

1768-1835 江戸時代後期の書家,儒者。
明和5年8月1日生まれ。関其寧(きねい)の養子。常陸(ひたち)土浦藩儒。書を其寧にまなぶ。天保(てんぽう)4年子の思亮(しりょう)とともに,名家の法帖から行書体をあつめ「行書類纂(るいさん)」を編集した。天保6年4月28日死去。68歳。本姓は荻生。字(あざな)は子徳。通称は忠蔵。号は潢南(こうなん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関克明の関連キーワード白川芝山飯田百川梅沢敬典桂直行佐野東洲秦星塢畠中西岳平井雅斎平林東谷堀松碩