関其寧(読み)せき きねい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関其寧 せき-きねい

1733-1800 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)18年生まれ。書を関思恭(しきょう)にまなび,その養子となる。養父の跡をつぎ常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩につかえた。寛政12年閏(うるう)4月29日死去。68歳。本姓は落合。字(あざな)は子永。通称は源蔵。号は南楼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android