コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関其寧 せき きねい

美術人名辞典の解説

関其寧

江戸後期の書家。姓は落合、字は子永、通称は源蔵、南楼と号する。関鳳岡に学び、その嗣子となった。土浦侯に仕えた。寛政12年(1800)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関其寧 せき-きねい

1733-1800 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)18年生まれ。書を関思恭(しきょう)にまなび,その養子となる。養父の跡をつぎ常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩につかえた。寛政12年閏(うるう)4月29日死去。68歳。本姓は落合。字(あざな)は子永。通称は源蔵。号は南楼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関其寧の関連キーワード島崎大丘沼尻竜涯島田春溟関克明関東山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android