関八州(読み)かんはっしゅう

精選版 日本国語大辞典「関八州」の解説

かん‐はっしゅう クヮンハッシウ【関八州】

江戸時代、関東八か国の総称。すなわち、武蔵相模上野下野上総、下総、安房常陸。幕府は、将軍の御膝元という理由などで、その取締りには特に意を注いだ。関内。関東筋。関東八箇国関東八州
※甲陽軍鑑(17C初)品三二「関八州(クンはっシウ)の侍大将共を、〈略〉悉(ことごとく)謙信旗本に引付申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の関八州の言及

【関東地方】より

…東京都をはじめ,隣接する神奈川,埼玉,千葉および北部を占める群馬,栃木,茨城の6県より構成される。明治以前,関八州(相模,武蔵,安房,上総,下総,常陸,上野,下野)といわれた地域とほぼ一致する。古くは三関(鈴鹿,不破,愛発(あらち))以西の関西に対して関東の呼称が使われ,その後足柄,碓氷の坂(峠)以東を指して坂東とも呼ばれた。…

※「関八州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android