コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関内 かんない

3件 の用語解説(関内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関内
かんない

神奈川県東部,横浜市中区にある市の中心地区。 JR根岸線関内駅を中心に,横浜港にかけての一帯。砂州にいだかれた入江であったが,幕末の開港にあたり付属施設や外国人居留地として埋立てられ,3方を川や掘割りに囲まれ日本人の出入りが制限されたことから名称が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんない【関内】

横浜市中区の地名。横浜開港(1859年)以後の横浜の中心地区。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関内
かんない

横浜市中区の北部地区。JR根岸(ねぎし)線(関内駅)から北東へ、海岸の埠頭(ふとう)地区へ広がる市街地。1854年(安政1)に日米和親条約の調印地となったのをはじめ、横浜開港(1859)後は埠頭をはじめ、貿易(税関、商社)、行政(県庁、市役所、外国公館)、金融(銀行)などの諸機関が集中して横浜の中心街区をなす。地名の由来は、開港当初外国人と攘夷(じょうい)武士の摩擦を恐れた幕府が、貿易諸機関や外国人居留地のあったこの地区周辺の水路橋畔(きょうはん)に黒門の関所を設けて出入りを調べたことによる。埠頭近くを中心に日米和親条約締結記念碑や開国旧跡の神奈川運上所跡(神奈川県庁)、横浜町会所跡(横浜市開港記念会館)、英一番館跡(シルクセンター)、横浜開港資料館が集まり、日刊新聞発祥地、電信創業地、英語教授ヘボン博士宅跡など文明開化の旧跡が多く、日本大通り、横浜公園、横浜スタジアムもある。市営地下鉄関内駅、横浜高速鉄道みなとみらい線の日本大通り駅がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関内の関連キーワード神奈川県横浜市中区北仲通神奈川県横浜市中区新港神奈川県横浜市中区立野神奈川県横浜市中区塚越神奈川県横浜市中区仲尾台神奈川県横浜市中区日本大通神奈川県横浜市中区万代町神奈川県横浜市中区本町神奈川県横浜市中区南仲通神奈川県横浜市中区横浜公園

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関内の関連情報