コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関内 かんない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関内
かんない

神奈川県東部,横浜市中区にある市の中心地区。 JR根岸線関内駅を中心に,横浜港にかけての一帯。砂州にいだかれた入江であったが,幕末の開港にあたり付属施設や外国人居留地として埋立てられ,3方を川や掘割りに囲まれ日本人の出入りが制限されたことから名称が生じた。北西部の本町通り海岸通りには金融機関や商社が多く,明治末に建造された横浜正金銀行本店の建物は神奈川県立歴史博物館になり,史跡,重要文化財に指定されている。中央に税関,県庁,横浜公園,市役所などがあり,東部の山下町には中華街,マリンタワーがある。海岸には山下埠頭,大桟橋埠頭,新港埠頭が続き,氷川丸の係留される山下公園がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんない【関内】

横浜市中区の地名。横浜開港(1859年)以後の横浜の中心地区。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関内
かんない

横浜市中区の北部地区。JR根岸(ねぎし)線(関内駅)から北東へ、海岸の埠頭(ふとう)地区へ広がる市街地。1854年(安政1)に日米和親条約の調印地となったのをはじめ、横浜開港(1859)後は埠頭をはじめ、貿易(税関、商社)、行政(県庁、市役所、外国公館)、金融(銀行)などの諸機関が集中して横浜の中心街区をなす。地名の由来は、開港当初外国人と攘夷(じょうい)武士の摩擦を恐れた幕府が、貿易諸機関や外国人居留地のあったこの地区周辺の水路橋畔(きょうはん)に黒門の関所を設けて出入りを調べたことによる。埠頭近くを中心に日米和親条約締結記念碑や開国旧跡の神奈川運上所跡(神奈川県庁)、横浜町会所跡(横浜市開港記念会館)、英一番館跡(シルクセンター)、横浜開港資料館が集まり、日刊新聞発祥地、電信創業地、英語教授ヘボン博士宅跡など文明開化の旧跡が多く、日本大通り、横浜公園、横浜スタジアムもある。市営地下鉄関内駅、横浜高速鉄道みなとみらい線の日本大通り駅がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関内の関連キーワードファントム・バイブレーション・シンドローム横浜ジャズ・プロムナード旧横浜正金銀行本店横浜市市民文化会館テクニカルレポート情報検索システム神奈川県横浜市リンクリゾルバコムソモール自動車用機関院外処方箋横浜(市)アルコーブ伊勢佐木町農業手形行政監察政所下文中[区]デービス満州事変

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関内の関連情報