コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口黄山 せきぐち こうざん

2件 の用語解説(関口黄山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口黄山 せきぐち-こうざん

1718-1745 江戸時代中期の書家。
享保(きょうほう)3年3月6日生まれ。関口金鶏(篠田行休)の子。関思恭(しきょう)にまなぶ。漢字の書体に精通し,上代の音韻も研究。延享2年4月18日死去。28歳。江戸出身。名は忠貞。字(あざな)は世篤。通称は貞助,嘉平。著作に「篆彙(てんい)」「皇和音韻」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関口黄山

没年:延享2.4.18(1745.5.19)
生年:享保3.3.6(1718.4.6)
江戸中期の書家。名は忠貞,字は世篤,黄山はその号。父関口金鶏は篠田氏を称し,篠田大橋流の書家として著名。儒者太宰春台に師事して漢籍に明るく,また書法を関鳳岡に学び,特に六書に精通し,父の指導により書道で一家を成した。『篆彙』『篆書唐詩選』などの著書を残し,28歳で没した。

(古谷稔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関口黄山の関連キーワード荒木維岳高頤斎島篆癖田中玉峰滕永孚松井半平松原素元牟礼述斎山地芙蓉猨山叡麓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone