コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口黄山 せきぐち こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口黄山 せきぐち-こうざん

1718-1745 江戸時代中期の書家。
享保(きょうほう)3年3月6日生まれ。関口金鶏(篠田行休)の子。関思恭(しきょう)にまなぶ。漢字の書体に精通し,上代の音韻も研究。延享2年4月18日死去。28歳。江戸出身。名は忠貞。字(あざな)は世篤。通称は貞助,嘉平。著作に「篆彙(てんい)」「皇和音韻」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関口黄山

没年:延享2.4.18(1745.5.19)
生年:享保3.3.6(1718.4.6)
江戸中期の書家。名は忠貞,字は世篤,黄山はその号。父関口金鶏は篠田氏を称し,篠田大橋流の書家として著名。儒者太宰春台に師事して漢籍に明るく,また書法を関鳳岡に学び,特に六書に精通し,父の指導により書道で一家を成した。『篆彙』『篆書唐詩選』などの著書を残し,28歳で没した。

(古谷稔)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

関口黄山 (せきぐちこうざん)

生年月日:1718年3月6日
江戸時代中期の書家
1745年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関口黄山の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android