コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関場不二彦 せきば ふじひこ

1件 の用語解説(関場不二彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関場不二彦 せきば-ふじひこ

1865-1939 明治-昭和時代前期の医師。
慶応元年11月7日生まれ。スクリバに外科をまなぶ。公立札幌病院院長をへて,明治26年私立北海病院(のちの北辰病院)をひらき,院長。昭和8年南蛮流・オランダ流外科の歴史をまとめた「西医学東漸史話」をあらわす。昭和14年8月15日死去。75歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)若松(福島県)出身。帝国大学卒。号は理堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関場不二彦の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一加藤徳成スターリング

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone