コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関孫六 セキノマゴロク

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐まごろく【関孫六】

室町後期、美濃刀工。名は兼元。初代兼元に次ぐ2代目で、孫六は俗称に住んだ3代目と混同され、江戸時代に関の孫六と称されるようになったといわれる。刃文三本杉特色。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

関孫六

貝印の包丁のブランド。名称は刀工兼元の2代目、孫六兼元の名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関孫六
せきのまごろく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関孫六の関連キーワード関[市]丸山純路貝印

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関孫六の関連情報