関孫六(読み)セキノマゴロク

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 美濃国(岐阜県)の刀工孫六兼元、また、その後継者の鍛えた刀剣。室町後期から江戸時代まで数代にわたり、はじめ美濃国赤坂、のち同国関で作刀された。三本杉と呼ばれる刃文に特色があり、業物(わざもの)として有名。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「胸をおさへさすってもこらへられぬ堪忍ならぬ。心もせきにせきの孫六一尺七寸ぬきはなし」
[2] 加賀前田家伝来の小堀遠州作の茶杓の名。節上の三本の波状紋を、(一)の関孫六の「三本杉」に見立てたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android