関政富(読み)せき まさとみ

美術人名辞典の解説

関政富

江戸中期の備中新見藩関家第三代当主。先代長広の後を受けて、藩政再興に努める。又学問を好み、藩士子弟のため藩校思誠館を設立し、教育に尽力した。宝暦10年(1760)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関政富 せき-まさとみ

1723-1760 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)8年3月22日生まれ。関長広の長男。享保17年備中(びっちゅう)(岡山県)新見(にいみ)藩主関家3代となる。一説に初代藩主関長治(ながはる)の次男,享保3年生まれともいわれる。藩政の改革につとめ,宝暦5年藩校思誠館を設立し,教育を振興した。宝暦10年6月4日死去。38歳。幼名は三次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android