関東軍特種演習(読み)かんとうぐんとくしゅえんしゅう

旺文社日本史事典 三訂版「関東軍特種演習」の解説

関東軍特種演習
かんとうぐんとくしゅえんしゅう

1941年6月独ソ開戦に際し,翌月満州国境において関東軍が行った大演習
略称「関特演 (かんとくえん) 」。兵力70万,馬14万頭,飛行機600機の大規模な,演習を名目とした軍事行動日ソ中立条約締結中の日本がドイツ軍と協同して対ソ戦を予想して準備したもの。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の関東軍特種演習の言及

【関特演】より

…関東軍特種演習の略称で,日本軍が実施した対ソ作戦準備。1941年6月22日独ソ戦が開始されると,7月2日の御前会議は〈情勢の推移に伴う帝国国策要綱〉を採択し,独ソ戦が有利に進展したら武力を行使して北方問題を解決するとの方針を決定した。…

※「関東軍特種演習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android