コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根郡平 せきね ぐんぺい

2件 の用語解説(関根郡平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根郡平 せきね-ぐんぺい

1886-1964 大正-昭和時代前期の軍人。
明治19年8月1日生まれ。海軍にはいり,海軍大学校教官,軍事普及部幹事,伊勢(いせ)艦長となる。昭和11年少将。軍縮条約に反対し「皇国の危機/1936年に備へよ」を刊行した。昭和39年8月25日死去。78歳。埼玉県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関根郡平

没年:昭和39.8.25(1964)
生年:明治19.8.1(1886)
大正昭和期の海軍軍人。明治42(1909)年海軍兵学校卒。「常磐」の分隊長を務め,大正10(1921)年海軍大学校(甲)卒。同年「日進」砲術長などを経て,14年ブラジル大使館付武官。昭和3(1928)年から軍令部第3班第5課参謀,6年海軍大学校教官兼軍令部参謀,7年軍事普及部幹事。10年「伊勢」艦長となり,11年少将に進む。国際連盟脱退(1933)以降海軍のスポークスマンとして『皇国の危機/1936年に備へよ』などの著書を刊行,軍縮条約に対して海軍の立場を代弁し,海軍力増強の必要や東亜新秩序,大東亜共栄圏の重要性を主張した。

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関根郡平の関連キーワード阿武清実吉安純鈴木寛之助鶴田鹿吉日高謹爾平野勇堀内三郎保利信明吉河為久蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone