コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日進 ニッシン

6件 の用語解説(日進の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にっ‐しん【日進】

日々に進歩すること。
「西洋―の書を読むことは」〈福沢福翁自伝

にっしん【日進】[地名]

愛知県中部の市。名古屋市の東に接し、住宅地化が進む。人口8.4万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日進 にっしん

1259-1335* 鎌倉時代の僧。
正元(しょうげん)元年生まれ。日向(にこう)に師事し,正和(しょうわ)2年師の跡をついで甲斐(かい)の身延山久遠寺3世となり,また上総(かずさ),下総(しもうさ)での布教につとめた。建武(けんむ)元年12月8日死去。76歳。下総曾谷(千葉県)出身。俗姓は曾谷。通称は大進阿闍梨(あじゃり),三位公。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にっしん【日進】

日々進歩すること。 「緒方の塾と云ふものは、真実、-進歩主義の塾で/福翁自伝 諭吉

にっしん【日進】

愛知県中部の市。名古屋市の東に接し、住宅地・文教地区。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日進の関連情報