コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関氏盛 せき うじもり

1件 の用語解説(関氏盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関氏盛 せき-うじもり

?-1674 江戸時代前期の武士。
関盛吉の長男。伯父の関一政の養子。元和(げんな)4年(1618)一政が改易(かいえき)されたとき,近江(おうみ)(滋賀県)蒲生(がもう)郡内に5000石をあたえられ,幕府寄合となる。駿河(するが)(静岡県)久能山東照宮の修理造営,日光山の新宮拝殿造営などの奉行をつとめた。延宝2年4月12日死去。号は自閑。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関氏盛の関連キーワード加藤盤斎如儡子新場マラータミルトン詩法グレゴリー関孝和ブザンソンボアロー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone