コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関牧翁 せき ぼくおう

2件 の用語解説(関牧翁の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

関牧翁

臨済宗の僧。天龍寺派管長。天龍寺二百四十一世。群馬県生。諱は巍宗。号は叱咤室。天龍寺規則・宗制の改正を断行し、自由奔放な禅者として知られた。平成3年(1991)寂、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関牧翁 せき-ぼくおう

1903-1991 昭和時代の僧。
明治36年4月15日生まれ。昭和5年京都の臨済宗(りんざいしゅう)天竜寺専門道場で関精拙(せいせつ)に師事,のちその養子となる。専門道場師家(しけ)をへて,21年天竜寺住持,天竜寺派管長。平成3年2月13日死去。87歳。群馬県出身。慶大中退。旧姓は岩井。本名は巍宗(ぎそう)。著作に「牧翁禅話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関牧翁の関連キーワード岩片秀雄宇佐美毅叶光夫岸三二竹内和代中尾徹夫富士田吉治(3代)藤直幹八住利雄横山均次

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone