コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻魔蟋蟀 エンマコオロギ

デジタル大辞泉の解説

えんま‐こおろぎ〔‐こほろぎ〕【×閻魔蟋蟀】

コオロギの一種。日本産では最大のコオロギで、体長約2.5センチ。体は褐色または黒褐色で、晩夏、雄はコロコロコロリと鳴く。顔面の感じが閻魔王を連想させるのでいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんまこおろぎ【閻魔蟋蟀】

コオロギの一種。体長27ミリメートル 内外で日本では最大。体は光沢のある黒褐色。雑食性で夜活動する。八月頃成虫になり、雄はコロコロリーと美声で鳴く。日本各地と東アジアに分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

閻魔蟋蟀 (エンマコオロギ)

学名:Teleogryllus emma
動物。コオロギ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

閻魔蟋蟀の関連キーワード東アジア雑食性リー分布美声内外光沢

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android